闘病日記 HCU:暴力爺さん事件

病室は小説より奇なり

今思えば、最悪な夜だった…

夜勤看護師へ交代した頃、「おうち帰りたい女」が母親と病院規則無視の対面見舞いをHCU入り口で椅子に座って開始。

あぁ、また帰りたいって泣いてるわ。とウンザリしながら様子を見ていた。

規則を曲げてまで母親と対面させるって、先生も看護師も対応苦慮が目に見える。

そう思っていると

「関係ないんだよ!!トイレに行かせろよ!!」

と爺さんの叫びと共に何かを叩いた鈍い音、そして看護師さんの

「いたっ」

と言う声。

一気にHCUの看護師さんやら助士さんやらが駆けつけて大騒ぎ。

先生に電話報告したり、警備に連絡入れたり。

ひと騒動したあと、医者の指示でベッド下にポータブルトイレを置いて、そこでさせろと。

HCU内の全員が見守る(?) 中、爺さんは豪快に放屁と脱糞して満足。

その後、何事もなかったかのように眠りについたようだ。

ヘボ病院おばあちゃん登場まで、あと6時間。

私もあの時同じタイミングで眠りに入っていれば、少しは楽だったかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました