ビッくらポン!DXも楽しい!くら寿司スカイツリー押上駅前店に行ってみた

観光・地域グルメ情報

2022年3月31日にオープンした「くら寿司スカイツリー押上駅前店」は通常の店舗と違う趣とコンセプトで作られたグローバル旗艦店の第4号店。巨大な「ビッくらポンDX!」やデジタル射的の「ビッくらギョ!」などが話題のお店です。1階と2階でプレイできるデジタルコンテンツが違うため、どちらにしようかなぁと悩む方も多いのではないでしょうか?この記事では2階の店舗を利用したレポートをご紹介します。

くら寿司のアプリで予約必須!待ち時間がなくて便利!

くら寿司のアプリをダウンロードするとスマホからテーブル予約ができます。約2週間先の予約まで取れるので行きたい日や時間が決まっている場合は早めに予約を入れておくと当日の待ち時間を気にする必要もなく安心です。

くら寿司スカイツリー押上駅前店は1,2階で別受付及び別会計になっています。予約も別になっているので、行きたい方を選んで予約を入れましょう。間違わないように注意が必要です。

もし、行きたい日や時間帯の予約が取れない場合は当日受付も可能なので、店舗に直接出向いてみましょう。おおよその待ち時間は受付時に分かるようになっているので、スカイツリーやソラマチなどで時間を潰すのもいいですね。

くら寿司公式サイトはこちら(アプリ取得もこちらから)

2階へはホテルのエレベーター利用でも行ける

2階入り口は外階段で繋がっているので雨の日や階段を利用するのが難しい方は一瞬躊躇してしまうかもしれません。外階段にもエレベーターへの説明が書かれていますが、少し不親切。「そこってホテルの入り口の先なんだけど大丈夫?」と思ってしまいますが心配は無用です。ホテルエントランスから入って奥にあるエレベーターを利用して2階へ上がると直結で入店できます。

受付した後は中央の呼び出し画面で呼ばれるまで待機

エレベーターや階段を利用して2階へ上がるとすぐに受付機が設置されています。アプリに表示された予約番号を入力するか、その場で受付するかを選んで指示に従って入力すると受付番号が書かれたレシートが発券されます。これは最後の会計まで必要なので無くさないように持っておきましょう。

レシートに書かれた番号は待合席の先にある座席お知らせのモニターに表示されます。テーブル番号の案内後、店員さんからの声掛けやくら寿司利用の説明を受けてから指定された席へ。箸や醤油などはテーブル内に収納されていますが、湯飲みは通常店と同じようにレーンの上に置いてあります。

スカイツリー押上駅前店限定メニューは「sorairoソフト」

くら寿司グローバル旗艦店ではそれぞれに限定メニューがありますが、スカイツリー押上駅前店では、生乳60%を使用しクチナシの実で着色した青色のソフトクリーム「sorairoソフト」、空色と生乳(白)のミックスソフトクリーム「sorairoミックスソフト」を食べることができます。

ミックスでも色が違うだけで味に違いはなく、少しあっさりめのソフトクリームです。

ビッくらポンを当てるとビッくらポンDX!やビッくらギョ!にチャレンジできる

通常のくら寿司同様に、皿を回収ボックスへ投入すると5枚ごとにテーブルにあるタブレットでビッくらポンの抽選が開始されます。この抽選に当たるとQRコードが表示され、ビッくらポンDX!かビッくらギョ!の利用可能回数が表示されます。

残念ながらどちらで遊ぶかを選ぶことはできません。当選の都度、QRコードが表示されますが会計前に「QRコードを受け取りましたか?」と確認画面が出ますので、当選後に受取忘れても心配なく!

このQRコードは会計をした後から利用できます。必ず1プレイにつき最低1つのカプセルが出てくるので大当たりや当たりが出なくても子供が泣いてしまう……なんてことにはならなくて楽しめます。

ビッくらポン付きのメニューはQRコードには反映されない

ビッくらポンが付いた軍艦盛りや寿司盛りのメニューを選んだ場合、直接カプセルが1つ載せられてテーブルに届きます。ビッくらポンDX!やビッくらギョ!のプレイ回数は増えないのでご注意ください。

くら寿司スカイツリー押上駅前店は食とエンタメの両方を楽しめるお店

待ち時間中も色が変わる提灯を眺めたり、他のお客様が遊んでいる様子を見ていたりとワクワクできるくら寿司スカイツリー押上駅前店。家族や恋人とのデートで行くにもオススメの人気スポットです。

東京スカイツリーや浅草観光の際のランチやディナーなどに利用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました